【NPA第2期】よくあるご質問

[コース16第6回] 釜石俘虜収容所とは ー何が裁かれたのか、戦争犯罪とはなにか

¥ 2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

開催日:2021年1月20日 (水)
講師:
- 笹本妙子(POW研究会共同代表)
- 小暮聡子(ジャーナリスト)
概要:戦中、約400人の連合軍捕虜が収容された岩手県の釜石収容所では、友軍による艦砲射撃で捕虜32人が犠牲となり、所長は戦犯として裁かれた。笹本はこの収容所で何があったのかを語り、所長の孫でジャーナリストでもある小暮は、元捕虜との交流を通して考えてきた「歴史認識問題」との向き合い方について考察する。
参考文献:
- 笹本妙子『連合軍捕虜の墓碑銘』草の根出版会
- 小暮聡子「遠い記憶の先に終止符を探して」『ニューズウィーク日本版』2015年8月11・18日合併号:ウェブ版 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/08/post-10783.php
- 戦後75周年企画:連合軍捕虜の引き揚げの記録を初公開 ~あの日、何があったのか Part1~4
中山喜代平(本名:稲木誠)『ニューズウィーク日本版』オフィシャルサイト2020年8月15日
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/08/post-94178.php