【NPA第2期】よくあるご質問

[コース18第2回] 地域から世界を見る・横浜アナザーストーリー ~ 感染症・アジア・和解の街 etc

¥ 2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

開催日:2020年11月10日 (火)
講師:鈴木晶
概要:グランドヒストリーで俯瞰した横浜の街を今度は6つの視点で切り取ってみます。
江戸時代の東海道下の横浜、港があるゆえに感染症と向き合ってきた横浜(ダイアモンドプリンセス号も長く停泊していました)、震災・空襲で大きく街を破壊されたことを街歩きで読み取りながら防災も考えてみます。そして、明治末期に孫文をはじめ、多くのアジアの活動家が集まった側面を持つ中華街、第二次大戦後の冷戦の熱い部分が現れながら、和解の場としての努力も続けられてきたのも横浜で見ることができます。最後にいまひとつ勝ちきれないベイスターズの本拠地ハマスタがある横浜公園はどのような歴史的イベントがあったのかを時代横断
的に見てみましょう。横浜は日本で初めてビールが醸造された地ですから、この日のお供は、ハマスタで販売しているクラフトビールでしょうか。

参考図書:
- 図説・横浜の歴史編集委員会『図説 横浜の歴史』横浜市市民局市民情報室広報センター 1989
- 横浜市『横浜市史Ⅱ』1989-2004
- 川口正英『明治の「横浜の人」』星雲社 1985
- 高村直助『都市横浜の半世紀-震災復興から高度成長まで』有隣堂 2006
- 今井清一『新版 大空襲5月29日 第二次大戦と横浜』有隣新書 1995