【NPA】よくあるご質問

[コース01第4回] 日本人従軍記者がみた朝鮮戦争

¥ 2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

第4回 日本人従軍記者がみた朝鮮戦争

開催日 : 2021年4月26日(月)
講師 : 米津篤八(元朝日新聞記者・恵泉女学園大学・一橋大学大学院博士課程)

概要 : 1951年7月。休戦会談の開催に合わせて、18人の日本人記者が国連軍の軍服に身を包み、羽田からソウルに飛んだ。彼らは日本敗戦後、初の韓国特派員だった。記者たちは戦火の朝鮮半島で何を見たのか。米軍の検閲は彼らの報道にどう影響したのか。当時の新聞記事と資料から考察する。