【NPA】よくあるご質問

[コース04第3回] 防疫監視社会でのキスとセックス -「正常」強制社会における性少数者の自由を擁護して 방역감시 사회의 키스와 섹스 -[정상]강제사회에서 성소수자의 자유를 옹호하며

¥ 2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

第3回 : 防疫監視社会でのキスとセックス -「正常」強制社会における性少数者の自由を擁護して
방역감시 사회의 키스와 섹스 -[정상]강제사회에서 성소수자의 자유를 옹호하며

開催日 : 2021年3月30日(火)
講師 : チェ・ヒョンスク(최현숙、口述生涯史作家、『作別(別れ)日記』著者)

概要 : 新型コロナウイルスの防疫方針の核である「ソーシャルディスタンスをとる」ということが、キスやセックスのような身体接触と深くつながっているにもかかわらず、家庭内での異性愛関係や家族関係については問題視されていません。韓国で性的少数者のアウティング等が問題となった、梨泰院のナイトクラブ等での集団感染事件を通して、性的少数者に対する社会の認識について見ていきます。

코로나 19방역 방침의 핵심인 사회적 거리두기가 키스나 섹스 같은 신체적 접촉과 깊이 연관되어 있는데도 가정에서의 이성애관계나 가족관계는 전혀 문제시하지 않는 이유는 무엇일까. [이태원 코로나19]사건을 통해서 성소수자 문제에 대한 사회적 인식을 파악한다.