【NPA】よくあるご質問

[コース12第2回] 「慰安婦」問題と表現の自由

¥ 2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

第2回 「慰安婦」問題と表現の自由

開催日:2021年3月24日 (水)
講師:金富子 (東京外国語大学教員)

概要 : 現代日本の表現の自由を考えるとき、つねに「慰安婦」問題がその焦点になってきた。あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展」で展示された〈平和の少女像〉へのバッシング、女性国際戦犯法廷に関するNHK番組改ざん事件(2001年)……。これらは日本社会にはびこる歴史修正主義、ミソジニー、植民地主義を抜きには語れない。当日は、〈平和の少女像〉を中心にその細部が表象するものを考え、バッシングへの背景と構造を探っていきたい。

参考文献 :
- 共編著『Q&A 朝鮮人「慰安婦」と植民地支配責任(Fight for Justiceブックレット)』御茶の水書房; 増補版、2018年
- 金富子「「表現の自由」と「慰安婦」問題」『誰が〈表現の自由〉を殺すのか:ニコンサロン「慰安婦」写真展中止事件裁判の記録』御茶の水書房、2017年