【NPA】よくあるご質問

[コース12第5回] まるで当たり前だと思っていた自由は実のところ支配だった 不自由は支配をベースとして欲望をかき立てることだった

¥ 2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

第5回 まるで当たり前だと思っていた自由は実のところ支配だった 不自由は支配をベースとして欲望をかき立てることだった

開催日:2021年5月5日 (水)
講師:いちむらみさこ (アーティスト)

概要 : 「表現の不自由•その後」で展示された作品や展覧会開催の一連のプロセスは、日本社会にどっしりと横たわっている権力構造を顕在化しました。自らを縛る権威や脅威となっていることを、わたしたちはどのように認識できるのでしょうか? 自律的な場を目指そうとすること、またその困難について、2019年「表現の不自由・その後」再開時に駆けつけたアーティストのいちむらみさこのパフォーマンスなどから、考察します。

参考文献 : いちむらみさこ「自律的な場を試みた「表現の不自由展・その後」」『あいちトリエンナーレ「展示中止」事件 ― 表現の不自由と日本』岩波書店、2019年