【NPA】よくあるご質問

[コース17] 小林緑の音楽カフェ Part2 音楽と社会の関係を女性差別から考える

¥ 9,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

コースタイトル : 音楽と社会の関係を女性差別から考える

コース概要 : NPA第2期で語りそびれた話題を掬い出すのが目的です。クラシックという妙に神格化された音楽の業界が、触れたがらないけれど見過ごしてきた側面が多々あります。ピアノやピアニストより、実はもっと重大な声と歌手の歴史・録音史とか、霊感に導かれる天才にとって経済や戦争など社会情勢は無縁との誤解とか。作曲のみならず実力で圧する女性指揮者の登場も…彼女たちの装いからして、リアルな性差別の構造が見えてくるでしょう。

講師:小林緑
東京芸術大学および同大学院にて主にモーツァルト研究。 フランス給費留学生としてパリ大学付属音楽学研究所にて16世紀フランス音楽史専攻。1975年度より2007年度まで国立音楽大学音楽学教員。現在、同名誉教授。1993年に立ち上げた 「女性と音楽研究フォーラム」、ジェンダー史学会、イメージとジェンダー研究会、女性学会等の会員

曜日 :木曜日 原則隔週
時間 : 19:00-21:00
開催方法と定員 : オンライン&オフライン(会場)開催
- オンライン定員 50名
- オフライン定員 10名 あめにてぃCAFE・梨の木舎 https://goo.gl/maps/8taDBKmNVk22J3BP9
※ お申込み時、購入者情報の備考欄に、オンラインかオフラインのいずれをご希望か明記してください。
コーディネータ :
- 羽田ゆみ子(梨の木舎・NPA共同代表)
- 中村愛音(歌手・作曲家・パフォーミングアーティスト)

◆第1回 声のジェンダー

開催日 : 2021年3月11日(木)
講師 : 小林緑

概要 : 柳兼子の回に語ったことの補足・拡大としてSATB(ソプラノ、アルト、テナー、バス)というスタンダード?な声の分類はナンセンスである。カストラート、カウンターテナー、ソプラニスト、ガールテナー:録音の歴史が証明する。

◆第2回 特別企画 戦争と音楽の歴史―実は最も重要なテーマ 

開催日 : 2021年3月25日(木)
講師 : ゲストスピーカー・谷戸木基岩(音楽評論家)

概要 :ゲストスピーカー・谷戸基岩さん(音楽評論家)が、蘊蓄を傾けます。戦争とは、国家の最大公的イヴェントです。だから男性性/マッチョぶりが顕著なのですが、音楽という一見ソフトにとらえられているツールも、戦争推進に欠かせない一翼でした。併せて果敢に反戦を唱えた女性作曲家、吉田隆子にも触れます。この戦争を筆頭とする「標題音楽」の意外な実例も、できるだけ紹介してもらいます。


◆第3回 指揮者とジェンダー

開催日 : 2021年4月8日(木)
講師:小林緑

概要 :作曲のみならず、現在、指揮者の女性もどんどん輩出してきました・・・けれど、この職種、本当に必要なの?と問い直す意味が、十分あると思われます。合唱団やブラスバンドなど、大変ポピュラーな分野では必須のもの、となっているだけに、その存在意義を再検討するネタは、あれこれ広がっていくのではないでしょうか。

◆ 第4回 最強の女性作曲家の一人、ルイーゼ・アドルファ・ルボーを再評価する

開催日 : 2021年4月22日(木)
講師 :小林緑

概要 : この女性作曲家は、おそらくもっとも知られていないながら、実は、最も知られているクララ・シューマンとの因縁が深いのです。クラシック音楽界が、いかに有名⇔無名のメカニズムに縛られているかを考えるうえで一番わかりやすい例かもしれません。ピアノ協奏曲やチェロ・ソナタなど、今やYouTubeでも視聴できますが、ここでは女性差別に蹂躙された生涯の一端をお伝えします。

◆第5回 舞台衣装とジェンダーあの独特なスタイルは、いったいどこから!?

開催日 :2021年5月6日(木)
講師 :小林緑

概要 :とりわけ女性演奏家に際立つ、あの独特な舞台衣装は、いったい何なのでしょう?再現芸術・パフォーマーとして絶対避けて通れない重大かつ果てしない、この衣装の問題。日本でも、戦前から論議されたことがありましたが、現今、映像技術進展に伴い、日々更新される映像から、露出振りの加速に驚かされます。参加者の意見もお聞きしながらー

◆第6回 日本のクラシック音楽はどうあるべきなのでしょうか?

開催日 : 2021年5月20日(木)
講師 : 谷戸基岩

概要 :かつて経験のない生活を強いられている今、この国のクラシック音楽に何が求められているのか、は、切実な問題となりました。講師ふたりが日頃話し合っているのは、地産地消、小さなコミュニティと個人の緩いネットワークを希求する音楽を…という期待ですが、皆さんはどうお考えか、最終回でもあり、是非活発な意見交換をしたい、と願っています!

単発受講のお申込み
https://apply.npa-asia.net/categories/2813817