【NPA】よくあるご質問

[コース20第5回] 民衆は歴史の主人なのか?(労働者、農民、しかし女性は?)

¥ 2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

第5回 民衆は歴史の主人なのか?(労働者、農民、しかし女性は?)

開催日 : 2021年5月2日(日)

概要 :
*労働者
- 民衆を探して:1970年代に「民衆」概念が登場した意味とは
- 韓国資本主義の深化と労働者階級の形成と発展
- 労働者としての階級意識/生活文化
- 非正規職と4次産業革命の時代

*農民
- 農地改革と自営農の創出
- 労働者の排出の水源地としての農村
- セマウル(新しい村作り)運動と農民
- ウルグアイ・ラウンド及び米韓自由貿易協定(FTA)と農民

*女性
- 社会的勢力としての女性は存在するのか?
- 分断大韓民国の樹立と女性の参政権
- 朝鮮戦争と女性
- 韓国の性差別と性差別撤廃運動/フェミニズムの登場
- 兵役問題
- 女性の立場から民衆概念への批判