【NPA】よくあるご質問

[コース20第6回] なぜ韓国現代史は学生と軍の激突の歴史となってしまったのか?ー韓国の知識人たちと市民運動の光と影

¥ 2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

第6回 なぜ韓国現代史は学生と軍の激突の歴史となってしまったのか?ー韓国の知識人たちと市民運動の光と影

開催日 : 2021年5月16日(日)

概要 :
*学生
-なぜ学生は韓国の変革運動の先鋒に立ったのか?
-60年4・19月革命/87年6月抗争の意味
-なぜ民主化以後の学生運動は退潮したのか?
-労働運動の組織化/市民社会の形成と市民運動の台頭
-韓国社会の安定化及び保守化と学生の地位の変化
-資本に包摂された大学

*知識人
- 知識人の責任:知識人の国、朝鮮
- 分断、戦争、越北、そして虐殺が知識人社会に及ぼした影響
- 60年4月革命と教職員のデモ
- 朴正煕と全斗煥政権の知識人包摂と排除
- 禁書の時代と1980年代批判的知識人集団の勢力化:

*市民社会
- 市民社会の出現が持つ肯定的意味と否定的な反応
- なぜ韓国の市民運動は、市民のいない市民運動になったのか?
- 市民運動の権力化/市民による市民運動への批判