【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース24第6回]「戦後日本の出入国・在留管理体制と在日コリアン」

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第6回「戦後日本の出入国・在留管理体制と在日コリアン」

開催日 : 2021年10月 2日(土)
講師 : 金朋央(キム・プンアン)/コリアNGOセンター東京事務局長
概要: 今年の通常国会に上程された入管法改定案は、多くの市民から反対・抗議の声が起こり、採決見送りとなった。その入管法は、1951年11月の出入国管理令に端を発する。戦後GHQの占領期にあった日本政府は、この入管令のほか、外国人登録令、入国管理部、入国者収容所といった法と機関をつくり、外国人管理制度を築いた。その当時、外国籍者の90%以上が朝鮮半島出身者だった。在日コリアンにとって出入国・在留管理制度はどういうものであったか。戦後史をふりかえりながら、今に続く課題を考える。