【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース21第4回] 「教育」の中の少子化対策――狙われる子ども・若い女性たち

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第4回 「教育」の中の少子化対策――狙われる子ども・若い女性たち

開催日 : 2021年8月 28日(土)
講師 : 西山千恵子(青山学院大学ほか非常勤講師)
概要 :日本の少子化対策(人口政策)は学校教育に目を向けている。2015年、内閣府と文科省が連携し、高校保健の副教材に「女性の妊娠しやすさは22歳を過ぎると急落」という改ざんグラフを掲載・配布して問題になった。改ざんグラフは姿を消したが、教育で少子化対策を、との政府の方針は変わっていない。性教育の貧困も問題視されているが、性教育の現場も諸刃の剣の面がある。リプロダクティブ・ヘルス&ライツの視点から教育を考えたい。