【NPA】よくあるご質問

[コース19第5回] 韓国は他者でありうるか?―対話に赴く前に

¥ 2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

◆第5回 韓国は他者でありうるか?―対話に赴く前に

開催日 : 2021年 9月 6日(月)
講師: カク・ミンソク(京都大学大学院 ManaViva運営)
概要 :日本で韓流ブームの始まりを告げた『冬のソナタ』と、韓国で日本文化が開放された直後旋風的な人気を博した岩井俊二監督の『Love Letter』は、どちらも純愛物だという共通点があります。この事実が象徴的に見せてくれているように、日本と韓国は、生身の自分で相手に近づこうとしました。しかしその後の日韓関係は、それが思ったように簡単ではないということを思い知らせました。日本と韓国は、どう相手に声をかけるべきなのでしょうか。いや、そもそも声をかけるべきなのでしょうか。「こうするべきだ」という固い前提を取っ払って、日韓関係というものについて、自由に考えてみる時間を設けたいと思います。そこに、韓国は一つの他者として現れるのでしょうか。お楽しみに。