【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース16第5回] 「「米日対中国」の構図と日中関係」(第 二次安倍政権-2012年12月/習近平も 2012年11月に総書記就任-以後今日まで)

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第5回 「「米日対中国」の構図と日中関係」(第 二次安倍政権-2012年12月/習近平も 2012年11月に総書記就任-以後今日まで)

開催日 : 2021年 9月 15日(水)
講師: 浅井基文(元外交官)
概要 :小泉首相は日中関係の土台(歴史認識)を揺るがせました。民主党政権は対中政策で致命的な誤り(領土問題)を犯しました。台頭を続ける「大国・中国」を警戒・敵視するアメリカの対中政策に迎合し、同時に自らの反共体質を露わにした安倍政権によって、日中平和友好関係の基礎(覇権問題)はさらに突き崩されました。バイデン・菅共同声明(台湾問題への言及)で日中善隣友好の土台はことごとく覆されました。日中共同声明が日中関係暗転・悪化の「歯止め」になり得なかったのはなぜか、その原因を考えます。