【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース16第4回] 「アメリカ「一極支配」と日中関係」(天安門事件後-1989 年-から民主党政 権-2009 年~2012 年/2010 年には日中GDP 逆転-まで)

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第4回 「アメリカ「一極支配」と日中関係」(天安門事件後-1989 年-から民主党政 権-2009 年~2012 年/2010 年には日中GDP 逆転-まで)

開催日 : 2021年9月 1日 (水)
講師 : 浅井基文(元外交官)
概要 : 中国における文化大革命が終結を宣言される1977年までは日中関係に大きな進展はありませんでした。日中関係が本格化したのは鄧小平のもとで改革開放政策が本格化した1978年以来です。1989年の天安門事件で日本の対中感情が大きく冷却した後も、政府レベルの友好関係は維持されましたが、2001年の小泉首相の靖国参拝で基調が崩れます。この短かった「ハネムーン時代」の間に、両国は「同床異夢」の問題の解決に取り組んだのか。1989年を境にする国民的な対中感情の急激な変化は何を意味するのか。自己反省を含めて考えます。