【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース07第3回] 現代社会の闇ー原発下請け労働者の放射線被曝について

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆ 第3回 現代社会の闇ー原発下請け労働者の放射線被曝について

開催日 : 2021年8月3日(火)
講師 : 樋口健二(写真家)
プロフィール:長野県諏訪郡富士見町生まれ。1964年 東京綜合写真専門学校を卒業し、その後同校の助手を経てフリーカメラマンとなる。1960年代より公害、労働災害、環境汚染等の問題を追う。日本写真芸術専門学校副校長、日本ジャーナリスト専門学校客員講師、日本写真家協会会員、世界核写真家ギルド会員。2001年、核廃絶NGO「ワールド・ウラニウム・ヒアリング」(本部ドイツ)創設の『核のない未来賞』教育部門賞、日本人として初受賞。

概要 メディアはコロナ禍問題を集中的に扱い、他の悲劇的社会問題である原発下請け(協力企業ではない)労働者の放射線被曝については眼中にない。1974年から始まった我が国初の被曝裁判はじめ全て「全面棄却」で闇に葬られた。これは過去の問題ではなく現在に通じる悲劇なのだ。福島第一原発での処理労働で、この10年間で、ガン、白血病、過労死による労災認定269件という悲惨さだ。原発は政、財官、学、メディア、司法の後楯がある限り悲劇は続く