【NPA】よくあるご質問

[コース06第3回] 4本シリーズ「戦争をどう裁くか」を比較する

¥ 2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

Report

◆第3回 4本シリーズ「戦争をどう裁くか」を比較する

開催日 : 2021年8月 14日(土)
講師 : 桜井均
概要 : 女性国際戦犯法廷は、法的拘束力はないが、裁判長役の法律家によれば、東京裁判の「やり直し」裁判であるとされた。この番組、「第二回 問われる戦時性暴力」は、当初、女性法廷を日本の従軍慰安婦問題とユーゴ・ルワンダなどの戦時性暴力をテーマとする2本シリーズの1本として企画され、プロダクションに委託された。ほぼ同時に、ナチス犯罪と南アのアパルトヘイトという二つの「人道に対する罪」に関する企画が提案されており、NHKのプロデューサーはそれらを同じシリーズとすることを決めたという。しかし、その趣旨が二つのチームの担当者に十分に伝わっていなかった。プロダクションは2本の企画を、女性法廷の主催者たちに示したため、「期待権の侵害」による裁判が起こった。裁判終了後、BPO(放送倫理・番組向上機構)は、放送されたシリーズ「戦争をどう裁くか」の4本をテクスト・クリティークし、二回目だけが「裁くことの難しさ」をテーマとしている異常さを指摘した。BPO報告に沿って、4本を比較検討する。