【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース03第6回] 援護法と沖縄(2)

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第6回 援護法と沖縄(2)
【録画配信】(最後にリアルタイムでコメント・質疑応答あり)
開催日 : 2021年 10月 1日(金)
講師 : 石原昌家(沖国大名誉教授)
概要 : 家永教授が、1983年、自著の「高校日本史」で、「日本軍のために殺されたひとも少なくなかった」と書き加えたら、国は、それよりも多い「集団自決」を先に書くように命じました。家永教授は、国のいう「集団自決」というのは、日本軍の間接殺害だから「日本軍のために殺された人」のなかに含まれると抵抗したが、「集団自決に追いやられたり」と書かされ、検定に合格したがただちに学問、表現の自由を侵すものとして国を訴えたのです。住民虐殺と「集団自決」が沖縄戦の特徴とこれまで書いてきた私は家永教授の提訴の意味を理解できませんでした。しかし、それを解読することによって援護法と沖縄の姿が見えてきました。