【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

NPA 特別企画「ダーバン会議20年、日本はなぜ植民地主義に向き合えないのか」

¥1,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

※本商品は割引クーポン対象外です。


NPA 特別企画「ダーバン会議20年、日本はなぜ植民地主義に向き合えないのか」

開催日時 8月29日 (木) 午後2時~5時 
開催方法 オンライン

【イベント概要】
今年はダーバン宣言20年になります。

南アフリカのダーバンで開催された同会議では、奴隷制や植民地主義を人道に対する罪と認識し、国際社会が初めて植民地問題を取り上げて国際的な合意をしました。
しかし、ヨーロッパ諸国とアジアなど、植民地側と被植民地側との間には大きな認識のギャップがありました。

ヨーロッパ社会はなぜ、植民地問題と向き合うようになったのか。また、日本はダーバン宣言とどう向き合ってきたのか。
NPAの講座では日頃、植民地の問題を取り上げて多様な議論をしています。

本イベントでは、上村英明氏(恵泉女学園大学)と高橋哲哉氏(東京大学名誉教授)を招き、植民地問題の本質について各コースのコーディネータとともに議論していきます。

【プログラム】
第1部 基調講演
「問題提起と日本社会の根本問題」
上村英明(恵泉女学園大学、コース15「ひでぽん先生とめぐる先住民の世界」)
「ヨーロッパの植民地主義と歴史清算」
高橋哲哉(東京大学名誉教授、コース22「高橋哲哉の市民哲学セミナー」)

第2部 「NPA講座から考える植民地主義」 *講座担当からのコメント
コース1「日本と東アジア」
コース2「憲法を考える」
コース3「知らなかった!OKINAWA」
コース6「桜井均のドキュメンタリー学校」
コース13「戦後補償を考える」
コース23「戦争協力ー戦争とラジオ」
コース24「在日コリアンは今どこに?」

第3部 クロストーク
司会:日比野千佳(NPA事務局)