【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース32][ジュニアα] 平和を創造しよう!-ミライ世代の新たな挑戦 ※一般向けお申込みページです 

¥9,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

タイトル:平和を創造しよう!-ミライ世代の新たな挑戦

コース概要:コロナや気候変動といった地球規模の問題やマイノリティの人権回復、格差・貧困、歴史問題の解決など様々な地域課題に直面しています。こうした問題に対処しこの社会をオルタナティブに展開・発展させるため、これまでの人々の歩みを振り返り、課題を知ることは不可欠で、すべての平和創造のスタートラインになるとも言えるでしょう。NPA初となるジュニアコースでは多様性、グローバル経済、歴史問題をテーマに、これまでの平和教育で語られてこなかった人や物の視点に立って日本という国家を考察していきます。日本各地・沖縄・在日コリアン・韓国からの参加者も交え、日本とアジアの人々が、ともに未来を創造する基盤を作ります。従来の講義形式に加え、討論・発表・製作・調査・交流などのアプローチも取り入れ、地域を超え、若者と大人がインタラクティブに学んでいきます。ご参加をお待ちしています。

※一般の方はオーディエンスとして応援してください!

曜日:土曜日 原則隔週
時間:16:00-18:00
開催方法:オンライン開催・定員50名
コーディネーター:
- 日比野千佳(NPA事務局)
- 李泳采(恵泉女学園大学)
ジュニアファシリテーター(JF)
- 日比野千佳
- 中久喜千晶

◆第1回 日本はいつから帝国主義国家になったか ー アイヌ民族と琉球民族の視点から

開催日:2021年11月13日(土)
講師:上村英明(NPA共同代表・恵泉女学園大学)
概要:日本は、1945年大日本帝国の拡張を試み、第二次世界大戦に敗北しました。しかし、こうした帝国主義的拡張主義政策はいつごろから始まったのでしょうか。1930年の「満州事変」、アジア・太平洋戦争の開始ころから。あるいは、1904年の日露戦争から。またあるいは1894年に日清戦争から。大日本帝国の起源について、アイヌ民族と琉球民族の視点から、歴史を検証してみたいと思います。

◆第2回 脱帝国主義に向けて私たちが考える提言 ー討論型

開催日:2021年11月27日(土)19:00-21:00 ※時間注意
講師:上村英明(NPA共同代表・恵泉女学園大学)
概要:第1回の内容を受けての感想を共有します。また未来に向けて何ができるが、どんな視点を持つことがポイントか、大人たちに要求したいことはあるか。脱帝国主義に向けて私たちの歴史教育や多文化共生社会のあり方についての提言を作ってみます!講義や討論をベースに、自分の意見を表明すること、できる未来をイメージすることの練習をしてみましょう。

◆第3回 チョコレートの向こう側 ー 身近な食べ物から世界とのつながりを考える

開催日:2021年12月11日(土)
講師:野川未央(NPO法人APLA)
概要:日頃私たちが口にする食べ物の多くが海を越えて輸入されてきていることは、多くの人が知っている事実だと思います。一方で、たとえばバナナがどこでどんな風に栽培されているか知っている人はどれくらいいるでしょうか?お寿司のマグロやツナの缶詰の原料はどこで水揚げ・加工されて、どのように運ばれてくるのでしょうか?今回は、チョコレートを例に、世界と私たちとのつながりを考えてみたいと思います。インドネシア・パプアのカカオキタ社が運営するカフェとオンラインでつないで、現地のスタッフの皆さんとの短い交流の時間も設ける予定です。

◆第4回 調査!食卓の上のグローバル ー 討論型

開催日:2021年12月25日(土)
講師:野川未央(NPO法人APLA)
概要:第3回の内容を受けての感想を共有します。また、身の回りの食材のルートを調査し、生産・加工・輸入過程を発表してみます!自分で調べて発表し、目の前の物から世界が見えるようになったら素敵ですね!

◆第5回 「わだつみのこえ」を聴くーー戦没学生が遺した手記を読む、映像を見る

開催日:2022年1月8日(土)
講師:内海愛子(NPA共同代表・大阪経済法科大学特任教授)  
   第一高等学校の学生だった岡田裕之さんに聞く 
概要:『きけ わだつみのこえ』(岩波文庫)を知っていますか。夢も希望も断ち切られて軍隊に入らなければならなかった若者たち、死を前にかれらが何を考え、悩んだのか。戦没学生の手記を集めた本です。今の私たちに彼らの苦しみをどこまで理解できるのか、わかりません。しかし、「国」を守るために命を捧げられるか、守るべき「国」とはなにか。将来「わだつみのこえ」を書かないためにも戦没学生の声に耳を傾け、考えていきましょう。

◆第6回 元学徒岡田裕之さんーー「わだつみのこえ」を語る

開催日:2022年1月22日(土)
講師:
- 内海愛子(NPA共同代表・大阪経済法科大学特任教授)
- 岡田裕之(法政大学名誉教授)
概要:B29の落下傘で降下して捕虜になった米兵と殺気立った住民と間に立ってその兵士の命を救った逸話もーー。たった一言がかれの命を救ったーーその一言とは何でしょう。

単発での受講申込みはこちらから
https://apply.npa-asia.net/categories/3849512

※ジュニアメンバー(中高生)の参加お申し込みはこちら↓
https://apply.npa-asia.net/blog/2021/10/09/225848