【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース24第3回] 入居差別と在日外国人

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第3回 入居差別と在日外国人

開催日:2021年12月4日(土)
講師:康由美(カン・ユミ)/弁護士(大阪弁護士会所属)
概要:住居は社会生活を営む上での基本である。そして、進学や就職など、社会生活の新たなステップを踏む時期に、転居することが多い。見知らぬ地域で未知の生活に踏み出す最初の第一歩が転居である。
希望した住居への入居が拒否されるということは、新たなステップの最初の第一歩から拒否される、ということである。通常は不動産業者などの専門業者が転居先等の紹介を行うから、業者が入居差別を行うと、その地域一帯への転居が著しく困難になる、ということである。つまり、入居差別は、単に当該住居への入居を拒否されるというだけにとどまらず、当該地域社会への参入を拒否される、ということにつながる。
こうした「入居差別」の意味を考える。