【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース21第5回] 世界最悪の性暴力地・コンゴと日本との関係

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第5回 世界最悪の性暴力地・コンゴと日本との関係

開催日:2022年1月8日(土)午前10:00-12:00
講師: 米川正子(明治学院大学研究員)
概要:1996年以降、世界最悪規模の紛争、そして紛争下の性暴力が続くアフリカのコンゴ民主共和国。ノーベル平和賞受賞者のデニ・ムクウェゲ医師は現地で性暴⼒と闘い、女性の人権尊重を訴えてきたが、性暴力が止むことはない。一般的に紛争下の性暴力は「戦争の武器」と知られているが、それがコンゴの有する豊富な天然資源と、そして日本の生活と関係している実態について十分に知られていない。それについて解説する。

写真:職業訓練コースに通うアフガン女性
撮影:清末愛砂