【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース18第2回] 写真から見る諫早湾干拓問題~干潟とともにある未来へ

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第2回 写真から見る諫早湾干拓問題~干潟とともにある未来へ

開催日 : 2021年11月23日(火)19:00-21:00
講師:富永健司(本明川と干潟を語る会)×川尻剛士(一橋大学大学院生)
概要:豊饒な干潟と文化を有した諫早湾が、国営諫早湾干拓事業にもとづく潮受け堤防によって分断(1997年4月)されて来年で四半世紀を迎えます。諫早湾干拓問題をめぐっては現在に至るまで法廷闘争を含めてきわめて複雑な経過を辿り、当該地域に生きる人々を翻弄してきました。
今回は、地元の写真家として自らのファインダーをとおして昭和50年代から変わりゆく諫早湾の風景を見つめ続けてきた富永健司さんにお話を伺います。富永さんの写真をはじめとする問題提起から、いま一度、干潟とともにある未来とその意味を語り合いたいと思います。