【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース15第6回] なぜ沖縄県教育庁は琉球人遺骨を還さないのか ー 内なる植民地主義との闘い

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第6回 なぜ沖縄県教育庁は琉球人遺骨を還さないのか ー 内なる植民地主義との闘い

開催日:2021年1月28日(金)19:00-21:00
講師:松島泰勝<京大訴訟原告団>
概要:2019年3月、国立台湾大学から琉球人遺骨63体(全て頭蓋骨)が沖縄県教育庁に移管されました。同遺骨は、1929年に金関丈夫・京都帝国大学助教授が沖縄島、瀬長島から盗掘したものです。私は2017年4月から中華琉球研究学会、高金素梅・台湾立法院委員を通じて、同遺骨の返還運動を始めました。しかし沖縄県教育庁は遺骨を研究資料として認識し、2020年7月には遺骨の計測調査を強行しました。このような「内なる植民地主義」の歴史的経緯、原因、法的対抗措置などについて議論しましょう。