【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース12第6回] 封じられた表現の不自由展をひらく

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆ 第6回 封じられた表現の不自由展をひらく

開催日:2022年1月19日(水)19:00-21:00
講師:武居利史(学芸員)+岡本有佳(編集者、表現の不自由展実行委員)

概要:5回を振り返りながら、武居さんには公立文化施設の職員の立場からお話いただき、岡本からは不自由展当事者からコメントする。

講師プロフィール
武居利史:府中市美術館学芸員・教育普及担当主査。美術評論家連盟会員。府中市職員労働組合役員。2000年の府中市美術館の開設準備に携わり、現代美術の企画展、公開制作やワークショップなどの教育普及プログラムを手がける。担当した展覧会に、「第2回府中ビエンナーレ―来るべき世界に」(2005)、「民衆の鼓動-韓国美術のリアリズム1945-2005」(2008)、「アートサイト府中2010 いきるちから」(2010)、「燃える東京・多摩―画家・新海覚雄の軌跡」(2016)がある。主に美術と社会の関係を研究し、最近の共著に、『九条俳句訴訟と公民館の自由』(エイデル研究所、2018)がある。
岡本有佳:近刊『リコール署名不正と表現の不自由』(あけび書房)など。訳書『空いた椅子に刻んだ約束〜〈平和の少女像〉作家ノート』(世織書房)。