【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース12第3回 政治性の美術と美術の政治性

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆ 第3回 政治性の美術と美術の政治性

開催日:2021年12月8日(水)19:00-21:00 
講師:前山忠(美術家)

概要:
 ・1971年の検閲事件のてんまつ
 ・図録『反天皇制』が炙り出す現実
 ・存在論と美術―存在と不在・非在の逆転-
 ・表現の自由と検閲―あいちトリエンナーレから-
 ・政治と美術の関係
 ・芸術の社会的存在意義

講師プロフィール
 ・1944年 新潟県生まれ
 ・1967年 新潟大学芸能科絵画科卒
 ・1967年 新潟現代美術家集団GUN展結成
 ・1968年 トリックス&ヴィジョン展(東京画廊、村松画廊)
 ・1969年 第1回現代国際彫刻展(彫刻の森美術館)
 ・1970年 GUN・雪のイメージを変えるイベント(信濃川河川敷)
 ・1971年 第10回現代日本美術展(東京都美術館)
 ・1991年 表現の自由を考える有志展(富山市民プラザアトリウム)
 ・2000年 アジア現代美術展(新潟県民会館)
 ・2000~18年 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ(松代)
 ・2007~18年 今日の反核反戦展(原爆の図 丸木美術館)
 ・2012年 GUN―かって新潟に前衛美術があった頃―展(新潟県立近代美術館)
 ・2016年 KIAF 韓国国際アート・フェア(ソウル)
 ・2019年 Radicalism in the Wilderness:Japanese Artist in the Global 1960s
   (JAPAN SOCIETY, New York)
 ・2021年 越後妻有 国際メールアート展(ギャラリー湯山)