【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース05第6回] 原発事故被害の本質は何か

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第6回 原発事故被害の本質は何か

開催日 : 2022年1月21日(金)
講師 : 鴨下祐也(福島原発被害東京訴訟原告団長)
概要 :東電福島原発事故による被害者の置かれた状況は様々で、その被害者が加害者である国・東電に求めていることはその状況に応じて様々である。しかし、被害の根本は被爆であり、これは共通である(避難指示や避難の有無ではない)。原発事業者が被曝に関し、唯一周辺住民に約束している線量目標値は年間0.05mSv。10年経った今も、福島県内はもとより、東北南部から北関東まで、広範な地域が放射能に汚染されなすすべも無く放置されている。これら汚染地域で線量目標が達成されるには100年以上の年月がかかるだろう。その被害を改めて考える。