【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース01] 日本と東アジア Part5-朝鮮戦争71年と日本社会への衝撃

¥9,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

タイトル:朝鮮戦争71年と日本社会への衝撃

コース概要 : 1950年6月25日に朝鮮戦争が勃発し70年以上が経過している。私たちは未だ終結を見ないこの朝鮮戦争の実態をどれほど知っているだろうか。戦後日本の独立、日米安保と自衛隊、経済成長、沖縄の基地問題、在日朝鮮人、日韓関係と戦後補償問題など、その主な課題の原因が、ほとんど朝鮮戦争から始まっていたとも言える。日本は朝鮮戦争と無関係な国ではなく、朝鮮戦争の影響とともに戦後社会を形成した戦争の当事者だったのではないか。
 本講座では、この「忘れられた戦争」を直接取り上げて、その実態と性格を多様な側面から把握することで、東アジア、朝鮮半島、そして日本の過去、現在と将来のあり方を考えてみたい。第1期~第4期に続き、第5期はさらに関連領域を広げている。講座では、全体概要の説明とともに、各テーマにふさわしい外部講師とともに映像やメディアを通じて、朝鮮戦争がどう伝えられてきたのか、議論を行う。

曜日:月曜 原則隔週
時間:19:00-21:00
開催方法:オンライン &オフライン(会場)開催
-オンライン定員 :50名
-オフライン定員 :10名
あめにてぃCAFE・梨の木舎 https://goo.gl/maps/8taDBKmNVk22J3BP9

コーディネーター:
- 内海愛子 (NPA共同代表)
- 李泳采 (恵泉女学園大学)
- タナカノゾミ (梨花女子大学大学院博士課程)

◆第1回 トルコの朝鮮戦争参戦の背景と戦争孤児問題
―映画『ブレイブ・ロード~名もなき英雄』を中心に

開催日:2021年11月1日(月)19:00-21:00
講師:李泳采(恵泉女学園大学)、全善永(元韓国トルコ協会事務局)
概要:トルコは朝鮮戦争に4番目に多くの兵士を派兵しています。イスラムの国であるトルコはなぜ、戦後初の海外派兵になる朝鮮戦争への参戦をきめたでしょうか。実話を描いた映画『ブレイブ・ロード~名もなき英雄』(原題:Ayla)を中心にトルコの参戦背景と戦争孤児の問題を見ていく。

◆第2回 朝鮮戦争と女性たちの国際平和運動ー著書『冷戦の魔女たち』を中心に

開催日:2021年11月15日(月)19:00-21:00
講師:金泰佑(韓国外国語大学)
概要 1951年、朝鮮戦争の最中、極度の危険を甘受しながらも現場を訪問し、戦争の惨状を調査した国際民主女性連盟(Women's International Democratic Federation、WIDF、以下「国際女性同盟」)朝鮮戦争調査委員会の足跡をたどります。世界の主要国の女性リーダーとして活躍している調査委員21人が、大規模な廃墟になってしまった北朝鮮でみた戦争の様相や、痛みを訴える北朝鮮住民の証言を伝えます。

◆第3回 停戦体制を平和体制へ転換させようとする共和国の政策を解く *特別企画

開催日:2021年11月29日(月)19:00-21:00 
講師:李柄輝 (朝鮮大学校政治経済学部)
概要:2021年秋、再び南北首脳会談が実現し、朝鮮半島の平和プロセスは軌道に戻るだろうか。停戦体制を平和体制へ転換させようとする共和国の政策を解いていきます。

◆第4回 朝鮮民主主義人民共和国の戦時歌謡とその後の受容過程

開催日 : 2021年12月13日(月)19:00-21:00
講師 : 金真美(朝鮮大学校文学歴史学部教員)
概要 : 朝鮮戦争時、混乱する政治社会的状況の中で、人民軍を戦争勝利に導き、後方の人民からの支持と参加を促すため戦時歌謡が重要な役割を果たした。200曲以上作られた戦時歌謡は、戦後もあらゆる歴史を経て数十曲が残り、歌い継がれることになる。とくに90年代以降、現代的ポップ歌謡とともに歌われた戦時歌謡には、どのような特徴があるのか。

◆第5回 捕虜たちの戦後史(1)

開催日:2021年12月27日(月)19:00-21:00
講師:田甲生(ソウル大学) 
概要:朝鮮戦争当時、韓国側に残ることを決めていた、いわゆる「反共捕虜」たち。彼らは、戦後、韓国社会でどういう生き方をしてきただろうか。第4期で巨済島捕虜収容所を取り上げて、収容所の設置背景や捕虜の生活と思想転向教育などその全貌を概観した。第5期では、韓国側に残留した反共捕虜たちの戦後史を見ていく。

◆第6回 捕虜たちの戦後史(2)   

開催日:2022年1月10日(月)19:00-21:00
講師:和田春樹(東京大学名誉教授)
概要: 朝鮮戦争時、北朝鮮・中国側に設置されていた捕虜収容所の実態と、捕虜たちの多様な戦後史を見ていきます。


単発での受講申込みはこちらから
https://apply.npa-asia.net/categories/2813801