[コース01第3回] 日本人従軍記者の朝鮮戦争報道とその性格(1)

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第3回 日本人従軍記者の朝鮮戦争報道とその性格(1)

開催日:2022年8月1日(月)19:00-21:00 
講師:米津 篤八(元朝日新聞記者)
概要:1951年7月、朝鮮戦争が膠着状態に陥り、休戦会談が始まった時期に、日本人従軍記者の一行が韓国に 派遣された。彼らは韓国独立後、初めて朝鮮半島の地を踏んだ日本人記者たちであった。彼らは朝鮮戦争をどうみて、報道してきただろうか。戦争期間中の日本人従軍記者の活動は、日韓両国で過去の記録に埋もれてほとんど忘れられている。しかし、彼らの残した報 道内容と経験は、健全で建設的な日韓関係を構築するにあたって克服すべき課題と可能性を示している。