[コース02第4回] 憲法の不変性と可変性:第三者の目に映る日本国憲法

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第4回 憲法の不変性と可変性:第三者の目に映る日本国憲法

開催日:2022年8月22日(月)19:00-21:00
講師:姜光文(韓国・ソウル大学・アジア法/憲法学)
概要:近代以後、法そして憲法はもはや普遍的かつ不変的なものではありません。民主主義の普及により国民が主権者として法を制定・改正する流れは当然のことです。ここに、法の、そして憲法のジレンマがあります。憲法はどこまで根本的であり、どこまで安定的であるべきなのでしょうか。憲法は政治の申し子である一方、政治の枠=掟であるとされていますが、憲法と政治とはいかなる関係にあるのでしょうか。日本国憲法の成立とこれまでの展開を、主に9条を素材として外部の目から概観します。