[コース03第2回] 沖縄振興計画と米軍 - 近代化と開発の落とし穴をつく

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第2回 沖縄振興計画と米軍 - 近代化と開発の落とし穴をつく

開催日:2022年7月20日(水)19:00-21:00 
講師:真喜志好一(建築家、平和市民連絡会)
聞き手:金城リンダ(沖縄ナビゲーター・早稲田大学平和研究所客員研究員)
概要:「私達、沖縄の人間が、近代と名のつくものにどのように痛めつけられてきたか、立ち止まって考えてみることは、近代化はやりの昨今の世情、無意味なことではあるまい」。これは、講師の真喜志好一さんが「近代化と海洋博」というタイトルで50年前に投書した内容です。近代化を開発という言葉に置き換えれば、今日にも通じている事態であることは十分わかると思います。「基地のある島」を前提とした沖縄振興や米軍再編の計画について、真喜志さんからお話を聞きます。