[コース03第5回] 第5回 「建議書は生きている」 - 復帰に向かう過程で一体なにがあったのか

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第5回 「建議書は生きている」 - 復帰に向かう過程で一体なにがあったのか

開催日:2022年8月31日(水)19:00-21:00
講師:平良亀之助(元琉球政府職員)
聞き手:まつだかなこ(大学院生)
概要:「復帰」の前年1971年10月に通称沖縄国会が行われました。そこで当時の琉球政府は、復帰に際して沖縄の声を日本政府と国会へ届けるため意見書を作成。それが「復帰措置に関する建議書」(屋良建議書)です。そこには沖縄が苦難にみちた歴史から訴える反戦平和への願いが込められていました。11月17日屋良主席(当時)は同建議書を持って上京。しかし到着を前に沖縄返還協定は強行採決されてしまいました。琉球政府職員として「復帰措置総点検プロジェクトチーム」のメンバーであった平良亀之助さんに当時のことを語ってもらいます。