[コース06第5回] 日本のメディア・アクティビズム~ドキュメンタリ - を撮ることの意味

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第5回 日本のビデオ・アクティビズム〜ドキュメンタリ - を撮ることの意味

開催日:2022年9月5日(月)19:00-21:00
講師:土屋トカチ(映画監督)*要請中
概要:1960年代から1970年代の日本には、闘争の現場にカメラを持って飛び込んだドキュメンタリー作家がいた。それから半世紀、技術の進歩により個人でもすぐれたドキュメンタリーを制作することができるようになった。そのような独立ドキュメンタリー作家のカメラとマスメディアのカメラの違いは何だろうか。なぜ彼らは闘う人々にレンズを向けるのだろうか。
主に労働の現場で闘う人々のドキュメンタリーを作る土屋監督に日本のビデオ・アクティビズムの現状と、ビデオ・アクティビズムの意味について話を聞いていく。