[コース07第4回] 色平哲郎のメディカル・リテラシーとその先 Part1 -「アルマアタ宣言」から40年

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第4回「アルマアタ宣言」から40年  

開催日:2022年8月16日(火)19:00-21:00
講師:色平哲郎(JA長野厚生連・佐久総合病院・本院・地域医療部医師。
東京大学医学部・公衆衛生大学院(SPH)非常勤講師、獨協医科大学国際協力支援センター非常勤講師。)
概要:1978年に発せられた国際宣言「Health for All」です。
その更に30年前、1940年代末、若月ドクターが述べた「予防は治療に勝る」「地域の人々こそ医療の主人公」という考えが、このWHOとUNICEFが共催した国際会議をきっかけに全世界に広まりました。あと「アジア」という国も民族も、地球上に存在しないので、この辺りの日本語表現はオリエンタリズムもあっていつも困るところ。(課題図書の第7章、第8章を扱います)