[コース20第6回] 韓洪九先生と学ぶ韓国近現代史 Part6 - 金之河、彼が残したもの

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第6回 金芝河、彼が残したもの

開催日:2022年9月11日(日)19:00-21:00
講師:韓洪九(聖公会大学教養学部)
概要:2022年5月、詩人金芝河(1941年~2022年)氏が亡くなりました。金芝河は、1970年、朴正煕政権を鋭く風刺した長篇詩『五賊』を発表し、反共法違反容疑で拘束されました(五賊筆禍事件)。1971年末には日本でも彼の詩集が翻訳され、金芝河の名前が日本でも広く知られるようになり、釈放及び救命運動に多くの人々が関わりました。91年5月、学生らの焼身自殺事件に対して、その抗議姿勢を強く批判して、民主化運動陣営とも対立関係になってしました。「生命思想」とも読み取れる彼のメッセージは韓国社会に何を残していたでしょか。小田実をふくめ日本の多くの知識人とも交流があった金芝河を通して、日韓関係のもう一つの側面をみていきます。