[コース20第5回] 韓洪九先生と学ぶ韓国近現代史 Part6 - 87年KAL爆破事件とその実態は

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第5回 87年KAL爆破事件とその実態は

開催日:2022年8月28日(日)19:00-21:00
講師:韓洪九(聖公会大学教養学部)
概要:1987年11月29日に韓国・大韓航空所属の旅客機が、北朝鮮の工作員によって飛行中に爆破されたという、いわゆるテロ事件のことです。87年6月民主化運動の直後に発生していたこの事件は、軍事政権が権力を維持しようするために大統領直接選挙を控えていた時点で、「韓国KCIAによる自作自演」だという説も早くからありました。この事件の真相はどこにあるでしょうか。「KCIA過去事清算委員会」のメンバーとして、このKAL爆破事件事件のKCIA内部調査に関わった経験に基づいて、事件の真相に迫ります。