[コース20第4回] 韓洪九先生と学ぶ韓国近現代史 Part6 - 在日韓国人留学生スパイ事件が問う祖国

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第4回 在日韓国人留学生スパイ事件が問う祖国

開催日:2022年8月14日(日)19:00-21:00
講師:韓洪九(聖公会大学教養学部)
概要:朴正煕軍事政権の1970年代に、日本から韓国の大学に留学した在日韓国人留学生らが逮捕され、拷問によって北朝鮮のスパイに捏造され、死刑を含む有罪判決を受けた、いわゆる「学園浸透スパイ団事件」。このようなスパイ事件に巻き込まれた在日同胞の数は100人余りにのぼる。在日同胞留学生スパイ捏造事件の被害者らは「在日韓国良心囚同友会」を結成し、2015年に再審運動を行った。彼らのうち30人以上が再審を申し立て、40年ぶりに再審法廷で続々と無罪を言い渡された。彼らにとって留学先の祖国とは一体なんだっただろうか。在日韓国人留学生スパイ事件を通じて、在日コリアンをめぐる構造的な差別問題の現状を問いだします。