[コース15第5回] ひでぽん先生とめぐる先住民の世界 Part6 - 市民運動における植民地主義

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第5回 市民運動における植民地主義

開催日:2022年9月9日(金)19:00-21:00
講師:仲村涼子(ニライカナイぬ会)
概要:琉球は、軍事基地の集中や、リゾート化によって土地や資源が搾取・利用され続けている、日米の軍事・経済植民地です。それは、戦後77年、再併合(「復帰」)後50年を経ても改善されるどころか、悪化の一途を辿っています。近年では、日本人(やまとぅんちゅ)移住者が増加し市民運動にも関わってくる中で、琉球人の意見を無視したり、主導権を奪ったりするような「市民運動の植民地化」とも言える状態が表出してきています。本来なら権利を回復するための市民運動内で、なぜそのようなことが起こるのか、琉球人の体験を交えて議論していければと思います。