[コース14第2回] 白川真澄の「資本論」‐ 商品という存在/あらゆるものに値段が付く?

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第2回 商品という存在/あらゆるものに値段が付く?

開催日:2022年7月22日(金)19:00-21:00 
講師:白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)
概要:この社会では、どんなモノやサービスでも値段が付いた商品として売られている。自分で作れない家電製品だけでなく、食事を作ったり掃除することも家事代行サービスにとって代わられている。多くのモノやサービスが貨幣を介して商品として取引される市場が、資本主義の成り立つ場である。『資本論』は商品の分析から出発する。商品には価値と使用価値の2つの顔があるが、価格という姿で現れる価値の正体がなかなか掴めない。その秘密を探ってみる。