[コース12第1回] 「表現の不自由展・東京」弁護団の実践

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第1回「表現の不自由展・東京」弁護団の実践

開催日:2022年7月13日(水)19:00-21:00 
講師:田場暁生(弁護士)、李春熙(弁護士)
概要:「表現の不自由展・東京」開催にあたっては弁護団が結成され、施設の利用申込、
行政側との協議をサポートし、会期中は述べ数十人体制での警備が実現した。
本講座では、開催に関与した弁護士の目線から、「表現の不自由展・東京」を振り返る。公共施設と集会の自由をめぐる最高裁の判例理論、かんさい展への会場提供を命じた大阪地裁、大阪高裁の決定に触れながら、表現の自由実質化のために公共施設が果たすべき役割を再確認する。

<講師プロフィール>
田場暁生 
弁護士。インターネットメディア”News for the People in Japan”(NPJ)編集長。日隅一雄・情報流通促進基金事務局長。新外交イニシアティブ(ND)研究員。

李春熙(り・ちゅに)
弁護士。著書(共著)に「誰が〈表現の自由〉を殺すのか」(御茶の水書房)、
「《自粛社会》をのりこえる」(岩波ブックレット)、「ヘイトスピーチはどこ
まで規制できるか」(影書房)など。