[コース11第4回] 山に登ったサメ肉、海を渡ったフカヒレ

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第4回 山に登ったサメ肉、海を渡ったフカヒレ

開催日:2022年8月18日(木)19:00-21:00
講師:鈴木隆史(桃山学院大学兼任講師)
概要:アル島ドボではフカヒレだけを狙ったサメ刺網漁業が行われ、漁船はオーストラリア近海で操業していた。路上には大量のフカヒレが干されていた。フカヒレの国際価格の高騰によるフカヒレブームがインドネシアだけでなく世界中で起きつつあった。一方、サメ漁業が盛んだったジャワ島のインドラマユではサメ肉は船上で塩漬けにして持ち帰られ、山間部の農村市場へと運ばれて消費され、フカヒレは町の華人商人の手を経て香港へと輸出された。サメとフカヒレの関係から見えてくるボーダーレス化する市場と漁業の未来について考える。