【特別企画】YAMAOKA MIKIRO連続写真展 人はなぜ壁を作るのか Part1 パレスチナ ----- 壁のなかの子どもたち

¥500

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

YAMAOKA MIKIRO連続写真展 人はなぜ壁を作るのか

企画概要:この間NPAでは憲法コースを担当してきていますが、そこで扱った「他者の排除」という問題関心は、私のなかでは写真表現の活動が端緒になっています。イスラエルはパレスチナ人を排除するための壁を作っています。あからさまなその様子を写真に撮ることから私は始めましたが、日本社会が隣国との間に作っている壁の撮影についてはまだその方法を掴みきれていません。コロナで休止していた写真ですが、この写真展が再開の第一歩になればと考えています(山岡)。

Part1 パレスチナ ----- 壁のなかの子どもたち

開催日程:2022年7月17日(日)~2022年7月24日(日)12:00-17:00 *最終日は16:00で終了

開催場所:
- 新時代アジアピースアカデミー事務所:
https://www.dropbox.com/s/zfq61s33hdszvgg/NPAmap.pdf?dl=0
- 写真販売あり

コーディネーター:
- 山岡幹郎(写真家)

概要:イスラエルはパレスチナ人を排除するための壁を作っています。そのあからさまな行為が、ヨーロッパで迫害されてきたユダヤ人たちの建国した国家で行われていることの意味をどう考えたらよいのでしょうか。国際政治力学や宗教対立のロジックがそこに働いていることは確かでしょうが、それを克服する手がかりがどこにあるのか、そんなことを思いながら自分の撮った写真を見ることがあります。(山岡)


◎ギャラリートークのお知らせ  
『パレスチナを撮ること』
開催日:2022年7月17日(日)14:00〜15:00
開催方法:オンライン &オフライン(会場)開催
-オンライン定員:50名
-オフライン定員:10名
ゲストスピーカー:古居みずえ(写真家/映像作家/アジアプレス所属/JVJA会員) 
-要申し込み(参加料500円)

注意:
写真展は期間中どなたでも特にお申し込みの必要なく無料でご鑑賞いただけます。
トークイベント(オン・オフ併用)のみ有料となりますので当ページよりお申込みください。(*その際会場参加ご希望の場合は、備考欄にご入力をお願いします。)


Part2 鳩は壁を越えて翔ぶ ----- 韓国ストリートスナップ
のお知らせはこちら
https://apply.npa-asia.net/items/63684166