NPA受講生の感想広場

【特別企画!】韓国鉄道と植民地支配 - Part1

¥1,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

韓国鉄道と植民地支配 - Part1

開催日時:2022年8月30日(火)19:00-21:00

講師:鄭在貞(東北アジア歴史財団 元理事長)

韓国と日本の近代史の接点で重要な意味を持つ植民地支配と鉄道の問題。日本による韓国鉄道政策と幹線鉄道網の形成過程を、侵略と抵抗、支配と同化、開発と収奪などの関係でとらえ直し、植民地支配の総体的な姿を把握していく。

-参考文献
鄭在貞著『帝国日本の植民地支配と韓国鉄道1892-1945』明石書店、2008年

-講師 鄭在貞プロフィール
東京大学大学院で文学修士、ソウル大学大学院で文学博士。ソウル市立大学人文大学長と大学院長を歴任。専門は国史学。国史編纂委員会、ソウル市史編纂委員会委員、大韓民国歴史博物館委員、韓日未来フォーラム運営諮問委員長、韓日関係史学会会長、東北アジア歴史財団理事長などを歴任。日本放送教育開発センター、国際日本文化研究センター、東北大学の客員研究員、北海道大学、東京大学特任教授などを兼任。主な著書『日帝侵略と韓国鉄道』、『日本の論理:転換期の歴史教育と韓国認識』、『韓国の論理:転換期の歴史教育と日本認識』、『京都で見た韓日通史』、『主題と争点で読む20世紀韓日関係史」、『韓日の歴史葛藤と歴史対話』、『その後の日韓関係:韓日会談、韓日協定』など多数あり。
敗戦・引き揚げ・占領――動員された国鉄。

主催:[コース23]内海愛子と考える「戦争協力」Part5 - 鉄道と戦争 / 第5回


- Part1&2(2回セット)
https://apply.npa-asia.net/items/65937678
- Part2
https://apply.npa-asia.net/items/65929386

▶︎コース23 内海愛子と考える「戦争協力」- 鉄道と戦争(火曜19時) 
https://apply.npa-asia.net/items/63391972