NPA受講生の感想広場

【特別企画!】憲法の〈外〉から日本の〈内〉を生きる - Part1&2(2回セット)[コース2第5・6回]

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 08/29/2022 17:00 to 10/10/2022 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

【特別企画!】憲法の〈外〉から日本の〈内〉を生きる - Part1&2(2回セット)

Part1:
開催日:2022年9月5日(月)19:00-21:00
講師:金成日(在日朝鮮人2世、市民運動家)
概要:映画「1985年 花であること:聞き取り―華僑2世徐翠珍的在日」を視聴し、この映画を制作した監督にお話を伺います。映像は、公務員採用の国籍条項撤廃闘争、指紋押捺拒否による逮捕、大赦拒否訴訟など徐さんの活動と生き様をたどりつつ、改悪入管法と「指紋の今」を告発します。尼崎で1981年から37年間、喫茶店を経営しながらさまざまな市民運動に取り組み、1986年には指紋拒否で逮捕された経験をもつ監督の解説を通して、当時の市民的な取り組みや逸話を共有します。

Part2:
開催日:2022年9月19日(月)19:00-21:00
講師:徐翆珍(在日中国人2世、市民共同オフィス「SORA」共同代表)
概要:1947年生まれの徐翆珍さんは、戦後の日本社会を枠づけてきた「国籍法」「外国人登録法」「入管法」をめぐる外国人への差別的状況に異議を唱え、闘い続けてきました。第5回で視聴した映画「1985年花であること」を踏まえ、戦後の「欠けた民主主義」と憲法をめぐる問題状況について、当事者の視点から語って頂きます。ご本人からお話を伺った後は、受講生全員とともにディスカッションする時間を設け、第7期全体のまとめとふり返りを行います。

主催:[コース02] 憲法を考える 〈内と外〉から捉える日本国憲法Part7 - 東アジアの視点から


- Part1
https://apply.npa-asia.net/items/66339001
- Part2
https://apply.npa-asia.net/items/66339102