NPAジュニア第4期募集案内

[コース26第3回] 「ひとの世に熱あれ、人間に光あれ 水平社宣言100年」

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 10/08/2022 11:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆3回「ひとの世に熱あれ、人間に光あれ 水平社宣言100年」

開催日:2022年12月1日(木)19:00-21:00 
講師:桜井均(元NHKプロデューサー)
概要:「人の世に熱あれ、人間に光あれ」は、1922年、今から100年前に全国水平社創立大会で採択された「水平社宣言」の有名な一節である。日本初の人権宣言と言われる。宣言の起草者は西光万吉(さいこう・まんきち)。
水平社宣言は、部落解放運動のみならず、さまざまな人権運動、社会運動にも影響を与えてきた。宣言から100年後、人々は「水平」な社会に生きているか。「水平社宣言」を原典に、NHK教育テレビ「バリバラ①人間は尊敬すべきものだ ②人の世に熱あれ、人間に光あれ」を視ていく。大阪制作のシリーズ「バリバラ」は、現代の差別問題にラディカルに切り込む問題作を送ってくる。「水平社宣言100年」関連番組も、「よくぞここまでやった」という声と「なぜいまさらやるんだ」という反論を呼び起こした。しかし、チャットの不毛な背離をこそ乗り越えようと、タブーを恐れずに番組を進行した。そして、この運動の線上に、「ひきこもり」「非行」「貧困」などの現代の問題を位置づけてみせた。