NPAジュニア第4期募集案内

[コース24第4回] 就職差別と難民問題

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 10/05/2022 06:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

▶︎第4回:就職差別と難民問題

開催日:2022年12月23日(金)19:00-21:00 

講師:田中宏(一橋大学名誉教授)

概要: 「日立就職差別裁判」(1970年)とその支援運動「朴君を囲む会」は、当時の入管法案反対闘争のなかから生まれたという。朴鐘碩(パクジョンソク)さんと日本人青年たちとの出会いは何をもたらしたでしょうか?「ベトナム戦争期」の市民運動や入管法案反対運動を背景とした新しい支援運動が生まれ、日本人自身が自ら社会のあり方を自問する方向に発展したと書かれています。田中宏さんは、金敬得(キムキョンドク)さんの司法研修所入所問題にも関わります。 「民族差別と闘う連絡協議会(民闘連)」発足、外国人弁理士が誕生、公立学校の教員採用、国民年金裁判につながっていきました。難民条約の批准がもたらしたこととや、また民族名を取り戻す運動などその他の運動や成果などについてもお話しいただきます。田中宏さんのお話しから、日本社会の70年代という時代を感じてみましょう。