NPAジュニア第4期募集案内

[コース24第3回] 指紋押捺と援護法による差別

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 10/05/2022 20:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

▶︎第3回:指紋押捺と援護法による差別

開催日:2022年12月9日(金)19:00-21:00 

講師:田中宏(一橋大学名誉教授)

概要:「在日外国人」とその支援する日本人たちは、さまざまに人権を訴え行動してきました。その一つが「指紋押捺拒否闘争」「指紋裁判」です。指紋制度はどのような制度なのでしょうか?指紋押捺拒否が意味するものとはなんでしょうか?
 著書に「戦後補償の問題は、歴史から何を学ぶかという厳粛な課題と密接に結びついている」と書かれた田中宏さんは「在日の戦後補償を求める会」の世話人もされていました。戦争犠牲者援護に関連する一連の法律の適用は、「日本国民」に限られており、旧植民地出身者はすべて除外されました。戦後の日本社会において、「帝国臣民」であった在日朝鮮人・台湾人など旧植民地出身者たちは日本国籍を喪失したことで、どのような境遇におかれたのでしょうか?その状況から私たちは何を考えるべきでしょうか?