NPAジュニア第4期募集案内

[コース20第2回] 国家暴力の法的装置 - 国家保安法とその仲間たち(治安維持法、国防警備法、特別措置令、反共法、社会安全法)

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 10/05/2022 20:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

第2回 国家暴力の法的装置 - 国家保安法とその仲間たち(治安維持法、国防警備法、特別措置令、反共法、社会安全法)

開催日:2022年11月13日(日)19:00-21:00
講師:韓洪九(聖公会大学教養学部)
概要:分断と戦争と虐殺の狂気の中で成立した分断国家大韓民国の国家機構は、途方もない不法行為を行った。しかし、国家機関は虐殺を進める過程でもそれなりに法的根拠を設け、不法行為を正当化しようとした。民主化以前の大韓民国は正常な憲法体系によって運営されたのではなく、憲法より実質的に上位にある国家保安法を中心とする「分断法制」によって運営された。国家保安法はしばしば日帝の悪法「治安維持法」を継承したというが、法条項の内容や運営などあらゆる面で治安維持法よりはるかに過酷だった。 「国家保安法」、「緊急事態下の犯罪処罰に関する特別措置令」, 「国防警備法」などは、政治的反対勢力を超え、一般市民を抑える独制権力の法的装置だった。朴正熙政権はここに反共法と国家保衛に関する特別措置法(国家保衛─特別措置法))、社会安全法などを加えた。朴正熙の執権18年の半分以上は戒厳令、衛戍令、緊急事態、緊急措置が発動された状態だった。この講義では、日帝植民地支配の呪われた遺産である抑圧的法律体系と法意識が、分断という状況の中で、どのようにより厳しい方法で変形していったのかを見ていく。