NPAジュニア第4期募集案内

[コース15] ひでぽん先生とめぐる先住民の世界 Part7 -先住民族は「歴史」を取り戻す:先住権としての「歴史」の回復

¥9,000

* Please remember this item is only sold from 10/05/2022 20:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

コースタイトル:先住民族は「歴史」を取り戻す -先住権としての「歴史」の回復

コース概要:先住民族の権利、一般的にいう先住権の重要なものは、土地や資源の権利です。しかし、抽象的ですが、「歴史」を取り戻す権利も大切です。「歴史」の改ざんが多数者によって普通に行われ、大きな不正義の問題が見えなくさせられる他、その存在そのものを否定された民族もいます。民族全体としての「歴史」の回復、また個々人の経験から見える「歴史」とアイデンティティについて、語ってもらいたいと思います。 

曜日:土曜日 原則隔週
時間:10:00~12:00
開催方法:オンライン開催・定員50名
コーディネーター:
-上村英明(NPA共同代表、恵泉女学園大学名誉教授)<ひでぽん先生>
- 八重樫志仁(ウラカウンクル)
- 親泊紋子 (ファシリテーター)
‐沖津翼(アオテアロア・アイヌモシリ交流プログラム実行委員会)
‐永井文也(恵泉女学園大学)
- コメスキヨサネ(Okinawa-Koganei)


第1回 特別企画 ウチナーンチュin東京(三線ライブ付き)

開催日:2022年11月12日(土)10:00-12:00 
講師:豊岡マッシー(三線アーティスト)
概要:宮古島出身で三線アーティストとして東京で長年活動してきた豊岡マッシーさんを招いてお話を聞きます。沖縄ミュージシャンが東京で感じた沖縄のアイデンティティ。沖縄音楽の歴史。混ぜない日本とチャンプルーな沖縄。時間に遅れても相手を責めない沖縄。無視される基地問題。さまざまなトピックについて自由に語ってもらいます。三線ライブもあります!

第2回 フチからの伝言

開催日:2022年12月10日(土)14:00-16:00 *時間注意
講師:宇佐照代(アイヌ料理店「ハルコロ」経営)
概要:祖母西村ハツエが亡くなる前の数ヵ月間、自分に向けた思いを受け取りました。この時、伝えてくれた言葉を残し、また誇りを持てるよう、同じ気持ちを持つ家族、仲間と活動しています。アイヌ伝統舞踊、木彫り、楽器にも取り組みながら、パフォーマンスグループ「AYNU RUTOMTE」の代表もしています。

第3回 琉球のアイデンティティについて

開催日:2022年12月24日(土)10:00-12:00 
講師:與儀幸太郎(ハワイ大学ヒロ校博士課程)
概要:幸太郎さんはハワイ大学へ進学したのをキッカケに、琉球諸語に興味を持ち、そこから沖縄の文化や歴史について考え、自分のアイデンティティに気付いたそうです。なぜハワイで沖縄のアイデンティティに気付く事になるのか、そこから見えてきたものは何だったのかーーご自身の経験について語ってもらいます。

第4回 アイヌと政治

開催日:2023年1月7日(土)10:00-12:00 
講師:沖津翼(アオテアロア・アイヌモシリ交流プログラム実行委員会)
概要:日本の先住民族アイヌは日本国における植民地として明治~今日まで存在し続けています。現在、先住民族という位置付けにありながら、アイヌ民族の立場は日本の法律によって守られてきたとは言えない状況です。むしろ搾取資源として利用されてきた悲惨な状況を打開していくためには、政治的発展を遂げる必要があります。過去の先人達の活動と今日のアイヌの現状について、アイヌ当事者の1人としてお話ししたいと思います。

第5回 Akoká:ra’からカナダの歴史と今を学び直す

開催日:2023年1月21日(土)10:00-12:00 
講師:村上佳代(翻訳家・カナダ在住)
概要:「Akoká:ra’」とは、Kanyen’kéha(モホーク語)でher-storyを意味します。セトラーコロニアルの社会が語ってきた歴史(His-story)ではなく、先住民の物語に耳を傾けることからカナダの植民地支配の歴史、そして今日に続く「私たち」の問題について考えたいと思います。タニヤ・タラガ著『命を落とした七つの羽根』『私たちの進む道』の内容を踏まえてお話しします。

第6回 特別企画 台湾原住民族の歴史と運動、そして現状

開催日:2023年1月28日(土)10:00-12:00 
講師:ディヴァン・スクルマン(台湾基督長老教会牧師・原住民族ブヌン族)
概要:1980年代から原住民族はさまざまな要求を掲げて、運動を展開してきました。例えば土地返還運動(還我土地運動)、原住民正名運動、名前返還運動(還我姓氏運動)、反娼妓運動(反迫害雛妓運動)、反原子力エネルギー処分運動(反核能廃科運動)、民族の言語を取り戻す運動(原住民母語復活運動)などです。政府は、原住民族の伝統文化やアイデンティティを軽視、基本的な権利を侵害し、社会的に不正な政策を展開しています。


単発での受講申込みはこちらから
https://apply.npa-asia.net/categories/2813815