NPAジュニア第4期募集案内

[コース13] 強制連行の現場から戦後補償を考えるPart7 ‐ 元軍人軍属裁判とその後-この国の無責任・植民地主義に向き合う

¥9,000

* Please remember this item is only sold from 10/09/2022 12:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

コースタイトル:元軍人軍属裁判とその後-この国の無責任・植民地主義に向き合う

概要:2001年6月に提訴し、11年11月に最高裁で上告不受理-敗訴確定で終結した在韓元軍人軍属裁判。10年余におよぶ裁判、法廷の中では、動員された当事者の怒り、遺族たちの無念と悲しみが語られた。それはこの国の闇を照射し、この国の権力の無責任と植民地主義を浮かびあがらせた。裁判終結から11年、しかし、いまも遺族、支援者はたたかっている-靖国合祀取り消し、遺骨の返還、等を求めて。不条理を糺すためのたたかいは続いている。
 
曜日:木曜日 原則隔週
時間:19:00-21:00
開催方法:オンライン開催・定員50名
コーディネーター:
- 矢野秀喜(強制動員問題解決と過去清算のための共同行動)
- 李泳采(恵泉女学園大学)
- 許美善(NPA事務局)

◆第1回 私と在韓軍人軍属(GUNGUN)裁判 ~原告たちとの出会いから

開催日:2022年11月10日(木)19:00~21:00
講師:古川 雅基(在韓軍人軍属(GUNGUN)裁判の要求実現を支援する会)
概要:2001年6月29日、旧日本軍に動員された在韓の軍人軍属生存者とその遺族が日本政府を相手取って訴訟を起こした(二次提訴も含めて原告414名)。戦後、戦死通知すら放置した日本。父不在のまま戦後の混乱期を生き抜いた遺族たち。ようやく生活が安定し父の生死を調べると、遺族に無断で靖国神社の神様になっていた。原告たちとの出会いが私たち日本人に気づかせてくれた大切なこととは?

◆第2回 映画『あんにょん・サヨナラ』制作にかかわって~未来へつなぐ「記憶」のために

開催日:2022年11月24日(木)19:00-21:00 
講師:古川雅基(在韓軍人軍属(GUNGUN)裁判の要求実現を支援する会) 
概要:2005年、日本では戦後60年。韓国では乙巳条約(韓国併合の基礎)から100年の年に「日韓市民が共同で何かを作ろう」と制作したドキュメンタリー。寄付の呼びかけに日本で300人以上が応えた。テーマは「靖国」。植民地支配の傷が残る韓国人と、支援する日本人を通して描いた映画は各方面で高い評価を受け、釜山国際映画祭で銀波賞を獲得した。当時2,30代の若い日韓スタッフによる制作。その裏話も交えて。

◆第3回 韓国人靖國神社無断合祀問題~継続する植民地主義

開催日:2022年12月8日(木)19:00-21:00 
講師:山本直好(ノー!ハプサ〔No!合祀〕事務局長)
概要:靖国神社に合祀された韓国・朝鮮人軍人軍属の大半は、戦後になって合祀手続きが取られた。韓国・朝鮮の遺族には戦死の通知すら送られず、国籍条項で戦後補償からも排除される中、大量に日本政府から靖国神社に提供された戦没者情報。そこに示される、戦後日本社会の根深い植民地主義的構造・関係を考える。

◆第4回 ノー!ハプサ(NO!合祀)運動が生み出したもの

開催日:2022年12月22日(木)19:00-21:00 
講師:山本直好(ノー!ハプサ〔No!合祀〕事務局長)
概要:「裁判支援でいいのか」「日本人こそ解決すべきでは」という自らへの「問い」から出発した「ノー!ハプサ(NO!合祀)」の運動。第2次訴訟が最終局面にある中で、多様な側面を持つこの裁判を振り返り、その生み出したものを考える。

◆第5回 一片の遺骨でも家族の元に-韓国遺族たちとの出会い

開催日:2023年1月5日(木)19:00-21:00 
講師:上田慶司(戦没者遺骨を遺族の元へ連絡会・共同代表)
概要:2010年、韓国のニューギニアの戦没者ご遺族のお話をはじめて聞く。そしてパプアニューギニアに慰霊の旅を計画しヤカムル村で祭事をした。2013年11月、沖縄戦遺族コンスチョンさんの話を沖縄で聞く。そして調査を踏まえお父さんの亡くなったと推定される場所にご案内する。ご遺族の思いに触れ、日本人としてできることは何かを考え続けた。

◆第6回 韓国人遺骨返還の展望-日韓の政府交渉を積み重ねる

開催日:2023年1月19日(木)19:00-21:00 
講師:上田 慶司(戦没者遺骨を遺族の元へ連絡会・共同代表)
概要:「そんな大きなことが市民運動の力で本当にできるのか?日本政府は日本人の戦没者遺骨も放置しているのに」と韓国の遺族からは尋ねられた。「南洋ではDNA鑑定はできない。」と厚労省は言い続けた。沖縄で40年間遺骨を掘り続け遺骨を家族に帰そうとするガマフヤー具志堅隆松さんとの出会いと10年を超えるたたかいが展望を作り出した。

単発での受講申込みはこちらから
https://apply.npa-asia.net/categories/2813813