NPAジュニア第4期募集案内

[コース12] 抵抗の芸術と表現・思想の自由 Part7 

¥9,000

* Please remember this item is only sold from 10/05/2022 20:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

コースタイトル:マスコミ報道を変える 市民にできることは何か

コース概要:マスコミは市民にとってどんな存在か。「問題」よりも「問題」になってしまったマスコミ報道をよりよく変えるために、何をどうすればいいのか? 政治介入と闘いを記録した韓国の映画『共犯者たち』を手がかりに、メディアや市民の役割、その関係性を考える。1984年から現在までマスコミ報道を牽制し監視してきた韓国の民主言論市民連合(民言連)の経験と、市民が支える独立メディア「ニュース打破」の理論と実践を学ぶ。最終回は日本の独立メディアOurPlanet-TV代表らとともに日本で何ができるかを探る。
*第2〜4回は民言連と共催です。

【参考文献】
映画『共犯者たち』:現在、Amazonプライムビデオで鑑賞可。500円より。
岩崎貞明・岡本有佳・金富子・砂川慶浩責任編集『政治権力vsメディア 映画『共犯者たち』の世界』夜光社

曜日:水曜日・金曜日 原則隔週
時間:19:00-21:00
開催方法:オンライン開催・定員50名
コーディネーター: 岡本有佳(編集者/表現の不自由展・東京共同代表)

第1回 映画『共犯者たち』から見る放送人と市民の連帯と抵抗

開催日:2022年11月4日(金)19:00-21:00 
講師:岡本有佳(編集者)
概要:調整中

第2回 民主言論市民連合①-<市民が検証する>メディア権力を牽制する市民の役割

開催日:2022年11月9日(水)19:00-21:00 
講師:シン・ミヒ(民言連事務局長)
概要:調整中

第3回 民主言論市民連合②-市民のメディア監視、何を変えたのか

開催日:2022年11月23日(水)19:00-21:00
講師:キム·スジョン(民主言論市民連合政策委員)
概要:市民がメディア監視活動に積極的に取り組みました。 選挙報道を監視し、歪曲報道と選定報道に問題を提起してきました。 メディア報道の内容に対する市民のメディア監視が、メディアにはどのような影響を及ぼしたのでしょうか。 民主的公論の場を形成するためになる言論報道はどうでなければならないのか、市民のメディア監視活動と言論運動が言論に及ぼした影響が何なのかを見てみましょう。 市民のメディア監視活動とメディア運動の必要性を考える時間になるでしょう。

第4回 民主言論市民連合③-マスコミ報道のモニタリングはこうする

開催日:2022年12月7日(水)19:00-21:00
講師:パク・ジンソル(民言連メディア監視チーム)、李洪千(東国大学教授)
概要:民言連メディア監視チームのモニタリング方法をお伝えします。 市民のメディア監視と批評は重要な社会活動です。 市民の監視と批評がなければ、マスコミがその役割を疎かにする恐れがあるからです。では、韓日市民はメディアをどうモニターすべきでしょうか。 世界中が直面している気候危機の問題をモニターテーマとして扱います。 気候危機の深刻さを強調し、対応策に悩むメディアの報道は、これまで以上に切実に求められています。講義では、韓国と日本が同じように経験している気候危機問題における韓日メディアが気候危機の深刻性を指摘し、現実的な対応策に悩む報道を市民に十分伝えているかどうかを比較してみていきます。

第5回 市民が支える独立メディア「ニュース打破(タパ)」は何をめざすのか

開催日:2023年1月13日(金)19:00-21:00 
講師:崔承浩(「ニュース打破」プロデューサー。『共犯者たち』監督)
概要:調整中

第6回 メデイア報道-日本で何ができるのか

開催日:2023年1月27日(金)19:00-21:00 
講師:白石草(OurPlanet-TV)、岡本有佳(編集者)
概要:調整中


単発での受講申込みはこちらから
https://apply.npa-asia.net/categories/2813812